FC2ブログ

日経225先物・オプション 予想と実況中継

相場の格闘技 日経225先物・オプショントレードを元敏腕証券マンが実況中継。日経225先物・日経225mini(ミニ)・オプション・為替相場を裁量トレードで勝利のゴングを鳴らす!

●本日の結果:先物取引(12月15日)

●本日の結果:先物取引(12月15日)

■ 本日の利益:ゼロ
■ 日計り分:ゼロ、ポジション分:ゼロ
■ 12月の累計利益:530円
(先物:530円、オプション:ゼロ)


■■■■■■■■■
【日中の売買】【夕場の売買】
なし
■日計り分
なし
■ポジション分
なし
■■■■■■■■■
【繰越ポジション】
なし

■■■■■■■■■
相場には謙虚に!悲観もなく楽観もなく、、、。

■■■■■■■■■

日々の取引のリアルタイム売買情報は、日経225先物・オプションメルマガ 「相場の格闘技」で公開中です。



以下は本日の配信です。


________________________________________________________________________________
●後場終了(12月15日)PM 3:18

■ 本日の利益:ゼロ
■ 日計り分:ゼロ、ポジション分:ゼロ
■ 12月の累計利益:530円
(先物:530円、オプション:ゼロ)

■■■■■■■■■
本日はこれにて終了します。「本日の結果」は、配信致しません。

■■■■■■■■■

後場終値8630円、後場高値8710円、後場安値8630円

■■■■■■■■■
【日中の売買】
なし
■日計り分
なし
■ポジション分
なし
【繰越ポジション】
なし
■■■■■■■■■
強いのか、弱いのか???中途半端な相場だったような、、、
まぁ、相場の居所探しかな???


相場には謙虚に!悲観もなく楽観もなく、、、。


________________________________________
●後場PART 2(12月15日)PM 1:43

膠着相場、、、、需給のみ、、、

現在値8660円
■■■■■■

■■■■■■
後場高値8700円、後場安値8630円


________________________________________
●後場PART 1(12月15日)PM 0:30

8680円スタート
■■■■■■

■■■■■■
後場高値8700円、後場安値8680円


________________________________________________________________________________
●前場終了(12月15日)AM 11:08

■ 本日の利益:ゼロ
■ 日計り分:ゼロ、ポジション分:ゼロ
■ 12月の累計利益:530円
(先物:530円、オプション:ゼロ)

■■■■■■■■■
■■■■■■■■■

前場終値8640円、前場高値8660円、前場安値8490円

■■■■■■■■■
【日中の売買】
なし
■日計り分
なし
■ポジション分
なし
【繰越ポジション】
なし
■■■■■■■■■
市場は、何かを期待しているのかな。。。。8700円から8800円を意識しているのか?
流れに付くかどうか、、、細かい商いですかね。。。
買う材料はないと思うが、、、、期待感以外は、、、、売る材料はあっても相場はじり高。
ここは、無理はしないことですね。
相場には謙虚に!悲観もなく楽観もなく、、、。



________________________________________
●前場PART 2(12月15日)AM 9:56

ドル買戻し、、、、株式買戻し、、、、。
ドル伸び悩み、、、、株式一服、、、、。
ドル円を睨みながらの展開????ポジション調整かな???

現在値8580円。
■■■■■■
前場高値8640円、前場安値8490円
■■■■■■


________________________________________
●前場PART 1(12月15日)AM 9:02

8500円スタート。
大企業製造業DIは、マイナス24.

厳しいい数値ですね。
現在値8500円。
■■■■■■
前場高値8520円、前場安値8490円
■■■■■■


________________________________________________________________________________
●本日の戦略(12月15日)AM 8:41

■■■■■■■■■
本日の投資行動・相場に対するコメントにつきましては、
担保状況、リスク許容度、求めている利益に個人差があるため、
投資行動を行うかどうか、ロスカット・利益確定のタイミングや値幅は、
自己責任の原則で読者の皆様ご自身のご判断で決定してください。
■■■■■■■■■

■■■■■■■■■

●予想レンジ:8100円~8650円(先物)

為替に注意しながら、相場の流れで細かい商いの繰り返し。
今日は、中立目線が有効かな???

振れが大きい可能性もあるのでロスカット・利益確定は確実に!
無理はしないことですね。担保状況を把握することですね。

■■■■■■■■■

●先物新規売り:?????

●先物新規買い:?????

●オプション:????

【繰越ポジション】
なし
■■■■■■■■■

●指標
COMEX金先物   820.50(▼6.10 )
WTI原油先物     46.28(▼ 1.70 )
シカゴ日経平均先物 8715円(大証比△425)
●価格として意識されるポイント
8800円、8700円、8630円、8590円、8500円、8390円、8320円、8290円、
8220円、8130円、8070円、7970円

●日本市場
日銀短観。悪化は想定されているが、、、、
ドル円相場に左右される相場展開でしょう。先週末は急落したが、NY株式市場の
反発からCMEの上昇を受けた形でスタートすると考えられるが、、、、、
目線は中立で対処したい。市場が短観をどう判断するか、ドル円は????
12日現在で、
5MA(8468.32円)、25MA(8339.18円)、基準線(8393.24円)、転換線(8285.19円)。

●米国市場
■■■■■■■■■

●今日の経済指標

日銀短観
11月ニューヨーク連銀製造業景気指数
10月対米証券投資
11月米鉱工業生産
11月米設備稼働率
■■■■■■■■■

悲観も楽観もせず、相場には謙虚に!
今から、コーヒータイム。OPENING BELL を待ちます。
■■■■■■■■■

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop

●今週の展望(12月14日)

●今週の展望(12月14日)

■今週の主要経済指標等

12月15日 日銀短観
12月15日 11月ニューヨーク連銀製造業景気指数
12月15日 10月対米証券投資
12月15日11月米鉱工業生産
12月15日11月米設備稼働率
12月16日10月第3次産業活動指数
12月16日11月米消費者物価指数(CPI)
12月16日11月米住宅着工件数
12月16日11月米建設許可件数
12月16日 米決算発表 ゴールドマン・サックス
12月17日FOMC政策金利発表
12月17日10月景気動向指数・改訂値
12月17日OPEC臨時総会
12月17日2008年第3四半期米国際収支
12月17日 米決算発表 モルガン・スタンレー
12月18日 日銀金融政策決定会合(~19日)
12月18日 米国週間新規失業保険申請件数
12月19日11月米国景気先行指数
12月19日12月フィラデルフィア連銀景況指数
12月19日10月全産業活動指数

■■■■■■■■■■■■

先週も米国経済指標は悪化の一途であったにも拘らず、週前半は、米国株式市場は
堅調であったが、週後半は、ビッグ3問題が表面化すると悪い経済指標が再認識される
展開であった。
救済法案を巡って紆余曲折、、、、最終的には米国政府の判断に委ねられることになった。

日本株式市場も米国株式相場の堅調ぶりを反映し、木曜日の終値ベースでG.C.を示現。たただし、25MAは、まだ下降トレンドのため弱いシグナル。
週末金曜日は大荒れの展開。
ビッグ3救済法案決裂を受けて、後場から株式市場は大幅下落、600円超の下落場面も。
ドル円は一時、88円台に突入した。

■■■■■■■■■■■■

さてさて、、、、、、、今週は、、、、、、、、、、
引続き、GMをはじめBIG3問題、為替相場、米国クリスマス商戦など消費を中心に
実体経済の悪化など将来の不透明感は強く、見通しは難しく多くの時間が必要です。
ビッグ3問題とドル円の動きに翻弄され、同時に、日銀短観やFOMCが控えている
ことから、相場の振れが大きく強弱対立が激しい展開だと考えています。
さらに、出来高が細くなることも十分考えられるので、価格の振れが大きくなる。
また、週半ばから米国金融機関の決算発表も控えております。

日米の通貨当局がどう動くか。。。米国は金利引き下げ公算が大きいが、
日本の金融政策の舵取りは難しい局面ですね。このことは今更の感はありますが、、、。
世界経済が過去に類を見ない規模に成長し、現在においては大きな調整局面に
突入してしまったため、金融政策を断行したとしても、ドル円の推移、国内景気
底割れ懸念、短期金融市場の機能不全化など余りにも大きな問題が生じる。
相場はビッグ3問題という爆弾を抱かえながら、疑心暗鬼の強い展開だと
考えております。

一方で、一時的なブレはあるものの、マクロ経済指標の弱さを織り込んだ相場展開に
なる可能性は高まりつつある。中長期の下落相場の中での短期的な上値追いの動きが
強まることも十分に念頭に入れて、対処したいと考えています。

やはり、市場参加者の投資マインドが重要なポイントになるでしょう。

25MAと5MAのトレンドと短期筋の需給動向に注目すべきでしょう。
特に、25MAが上昇トレンドに入るかどうか見極めたい。

留意すべきは下記の点です。
・企業業績から考えれば株価は割高感が強い。PER・PBRのどちらが重視されるかが
大きなポイントと考えるべきでしょう。
・国内政治は、依然として迷走気味、、、、閉塞感が強く危機意識欠如が甚だしい。

何度も書きますが、
無理はしない、、、利益確定と自分の担保状況をしっかり守ることでしょうね。

■■■■■■■■■■■■

【上値について】
8800円がポイント。
5MA(8468.32円、12日現在)、25MA(8339.18円、12日現在)。
まずは、5MAを終値ベースで上回ること、そして25MAが横ばいから徐々に
上向きトレンドになるかどうかに注目しています。

【下値について】
心理的なライン8000円。更に、8200円がポイント。
8000円を割れる局面は、再度、下降トレンドへの突入を示唆する可能性が強い
ということだけは覚悟しておくことが必要でしょう。

■■■■■■■■■■■■

日経平均価格、25MA、5MAのそれぞれの位置関係によって大きく変わる局面です。
サポートラインと抵抗ラインが逆転する相場展開になることも十分に予想されます。
細かいポイント価格は、日々のメルマガで公開します。
ポイント価格での相場の流れに乗り細かい動きが必要でしょう。

■■■■■■■■■■■■

【相場の予想レンジ】
7600円から8600円(先物)、もしくは、8000円から9100円(先物)。

上値では8600円、8800円、下値では8000円、7800円がポイント。

■■■■■■■■■■■■

【投資を行うにあたってのポイント】

世界経済の回復が成長の原動力である日本企業。その世界経済が依然混沌している。
日本以外の先進主要国は金利引き下げを行ったが、更に金利引き下げ余地がある。
為替レートは相対価格であるため、金利差による円高傾向が強まり円独歩高の動きが
強まりつつある。円実効レートの上昇がグローバル展開で日本経済を牽引している
日本企業の業績への影響は計り知れないものがある。

日銀短観後、金融政策の舵取りを如何にするのか。

テクニカル的には上値を追う素地は醸成されつつあり、25MAが上昇トレンドに
転換するかどうかが最大のポイント。

しかしながら、上値追いは基本的な要素(企業業績)から考えると無理があり、
上値は限定されてしまう。
出来高が細くなることも十分考えられるので、価格の振れには留意すべきでしょう。
5MAと25MAとの位置関係がポイント。サポートラインが抵抗ラインに変わることも
十分にあり得る相場展開です。

ENTRYするかどうか、投資枚数、利益確定、ロスカットをしっかり決めて
おくことが大切になってきますね。また、保証金状況を把握しておくことですね。
ポイント価格での相場の流れに乗り細かい動きが必要でしょう。

相場状況は刻一刻と変化しているわけですから、慎重に、、、
そして、、、相場には、楽観も悲観もなく、謙虚な気持ちのみ。

■■■■■■■■■
今週の投資行動・相場展開などに対するコメントにつきましては、
担保状況、リスク許容度、求めている利益に個人差があるため、
投資行動を行うかどうか、ロスカット・利益確定のタイミングや値幅は、
自己責任の原則で読者の皆様ご自身のご判断で決定してください。
■■■■■■■■■

それでは、今週も頑張りましょう!

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

PageTop