FC2ブログ

日経225先物・オプション 予想と実況中継

相場の格闘技 日経225先物・オプショントレードを元敏腕証券マンが実況中継。日経225先物・日経225mini(ミニ)・オプション・為替相場を裁量トレードで勝利のゴングを鳴らす!

●今週の展望(9月6日)

●今週の展望(9月6日)

9月7日(月)
8月外貨準備高(財務省)
米国市場休場(レーバーデー)

9月8日(火)
7月国際収支-経常収支
8月景気ウォッチャー調査(内閣府)
7月米消費者信用残高

9月9日(水)
米地区連銀経済報告(ベージュブック )
OPEC総会

9月10日(木)
7月機械受注
BOE金利発表
7月米貿易収支
米新規失業保険申請件数

9月11日(金)
株価指数先物・オプションSQ
8月中国貿易統計、8月中国工業生産高
9月ミシガン大学消費者信頼感指数
8月月次財政収支
■■■■■■■■■■■■

先週は、、、、、、。
衆議院を終えて政策期待と日本政治の変化を評価した買いから、年初来高値を一時、
更新したものの為替市場での円高から売り優勢の展開となった。
米国株式市場も金融株に対する懸念と週末の雇用統計を見極めたい動きが強まった。
中国株式市場は落ち着いた動きであったが、日本株式市場は上値の重い展開となり、
ドル円に左右された。

注目された米国雇用統計は、失業率は市場予想より悪化したものの非農業部門雇用者
数の減少幅が市場予想を下回った。これが好感され米国株式市場は続伸。
テクニカル的には5MAと25MAがデッドクロスを示現した。
月曜日はNY株式市場の続伸を好感すると思われるが、為替動向の影響を受けそうだ。
中国株式市場が引き続き落ち着いた展開であることが、日本株式市場反発の重要な要素
となるでしょう。
4日、中国政府は外国人投資枠拡大を発表。これが中国株式市場にとって功を奏すことに
なるかどうか、、、今後、注目されますね・


■■■■■■■■■■■■

さてさて、、、、、、、今週は、、、、、、、、、、。
週末のSQ、テクニカル的には5MAと25MAがデッドクロスを示現。為替市場の
動向を睨みながらの展開でしょう。月曜日のNY株式市場はレーバーデーで休場。


株式市場の方向性を決定付ける材料は見当たらない。機械受注という非常に振れやすい
経済指標の発表はあるが、、、、市場予想は4.0%マイナス(前月比)。6月は9.7%増と
4か月ぶりのプラスの反動減という予想が大勢。週末の中国・米国の経済指標待ち。


むしろ、SQに絡んだ需給動向に左右されやすい一週間なのではないでしょうか。
テクニカル面ではデッドクロスがダマシとなるかどうか、、、、注目されますね。


引き続き、中国株式市場の動向と為替市場の動きが焦点となりますが、、、、、
中国政府が4日に発表した外国人投資枠拡大が好影響を与えるかどうか。短期的には、
需給好転ということでしょうが、、、、。
「円高」という外部環境が株価の上値追いを限定させ、「需給」が下値を支える。
強弱対立局面であり価格が振れやすい展開でしょう。
上昇・下落に対して決め手不足のため、SQ要因や外部環境要因などの思惑で動きが
激しくなる局面があると考えておいた方が無難でしょう。


留意すべきは下記の点です。
・引き続き、為替市場、そして、商品市況・米国債券の動きには注視すべきでしょう。
・5MA、25MAの推移、転換線、ボリンジャー・バンドの位置には注意を払うべき
でしょう。
いつものことですが、
日々の動きの中で、「様子見」と決め込んだら徹底した方がBETTER!
無理はしない、、、利益確定と自分の担保状況をしっかり守ることでしょうね。

■■■■■■■■■■■■

現物市場において(4日現在)、
5MA(10340.96円)、25MA(10409.99円)、75MA(9941.03円)、200MA(8928.68円)。
基準線(10454.61円)、転換線(10455.13円)。
ボリンジャー・+2σ(10688.12円)。
ボリンジャー・+1σ(10549.05円)。
ボリンジャー・-1σ(10270.92円)。
ボリンジャー・-2σ(10131.85円)。

■■■■■■■■■■■■

【上値について】
10500円。外部環境によっては10600円。
■■■■■■■■■■■■

【下値について】
10150円、10100円、心理的な節目である10000円。
■■■■■■■■■■■■

【相場の予想レンジ】
10000円から10500円(先物)、もしくは10150円から10600円(先物)。
25MAを巡る攻防かな。
■■■■■■■■■■■■

【雑感】
自分の担保状況とリスク許容度を考え、時間と価格の分散を図ることが重要。
様々な考え方が出来る局面であり、過度の悲観・楽観は持たず、、、、、。
機を見て最善を尽くすのが肝要。
ここからは読者限定、、、、。
?????????????????????????????
?????????????????????????????
???????????????????
???????????????????????????????????
?????????????????????
米国・中国ともに、この舵取りが重要なポイントでしょう。
■■■■■■■■■■■■

【投資を行うにあたってのポイント】
米国経済にとって非常に重要なセクターである労働市場と消費という問題を残したまま。
これがもっとも厄介な問題であり解決に多くの時間を要する。為替市場が一触即発の
状態を抱かえていることは頭の片隅に!米国の労働市場と消費動向は楽観できる状況
ではない。今後のトレンドは注目されるでしょう。

中国株式市場の影響度は大きくなっております。世界経済を牽引している市場ですから、
中国当局の方針には関心を払っておくべきでしょう。
中国が保有する米ドル資産を巡って、中国当局の姿勢も多様化する可能性は大きい。

依然として世界景気の動向の影響を受けやすい日本企業。今後の株価の持続的な上昇には、
世界景気回復の確かな足取りと成長市場への政策と内需再構築が必要でしょう。
国内インフルエンザの影響を意識する展開になるかどうか、過剰反応も軽視も出来ない。

ENTRYするかどうか、投資枚数、利益確定、ロスカットをしっかり決めて
おくことが大切になってきますね。また、保証金状況を把握しておくことですね。

相場状況は刻一刻と変化しているわけですから、慎重に、、、
そして、、、相場には謙虚に、楽観も悲観もなく!

■■■■■■■■■
今週の投資行動・相場展開などに対するコメントにつきましては、
担保状況、リスク許容度、求めている利益に個人差があるため、
投資行動を行うかどうか、ロスカット・利益確定のタイミングや値幅は、
自己責任の原則で読者の皆様ご自身のご判断で決定してください。
■■■■■■■■■
今月も多くの方に購読継続のお手続きと新規購読のお申し込みを賜り、
誠に有難うございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。


それでは、今週も頑張りましょう!

■■■■■■■■■

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop