FC2ブログ

日経225先物・オプション 予想と実況中継

相場の格闘技 日経225先物・オプショントレードを元敏腕証券マンが実況中継。日経225先物・日経225mini(ミニ)・オプション・為替相場を裁量トレードで勝利のゴングを鳴らす!

今週の展望(10月25日)

今週の展望(10月25日)

■■■■■■■■■■■■
今週の主要な経済指標等

10月26日(月)
臨時国会召集
9月米シカゴ連銀全米活動指数
10月ダラス連銀製造業活動
日本企業決算:JFE、信越化、日本電産
米国企業決算:ベライゾン


10月27日(火)
8月米S&P/ケース・シラー住宅価格指数
10月米消費者信頼感指数
10月米リッチモンド連銀製造業指数
日本企業決算:花王、ヤフー、日立建機、ホンダ、キャノン、リコー、日本郵船など
海運大手3社。
米国企業決算:コーニング、USスチール

10月28日(水)
米MBA住宅ローン申請指数
9月米耐久財受注
9月米新築住宅販売件数
日本企業決算:富士通、アドバンテスト、ファナック、野村ホールディングス、JR東日本。
米国企業決算:シマンテック、コカ・コーラ

10月29日(木)
9月鉱工業生産
10月ユーロ圏業況判断指数
10月ユーロ圏消費者信頼感
9月生産者物価指数
米GDP・速報値(第3四半期)
米新規失業保険申請件数
日本企業決算:新日鉄、日立、NEC、シャープ、三菱自、任天堂、ソフトバンク。
米国企業決算:モトローラ、エクソンモービル、P&G、ニューモント・マイニング。

10月30日(金)
9月失業率
9月全国消費者物価指数
9月ユーロ圏失業率
9月米個人消費支出
日本企業決算:武田、東芝、パナソニック、ソニー、村田製作所、東京エレク、三菱商事。
米国企業決算:シェブロン、サン・マイクロシステムズ


■■■■■■■■■■■■

先週は、、、、、、。
日本株式市場は、米国株式市場の堅調な動きとドル円が90円台で推移したことで底堅い
展開が続いたが、国内企業決算を見極めたい向きとテクニカル的な動きに終始した。
JAL問題に端を発して、引き続き、銀行株を中心に金融株は冴えない。
観測記事で国内企業の業績回復ぶりが示されたが、株価上昇には至らず。株価に織り
込まれている部分もあり、全体への波及は限定的であった。
下値も25MAが下支えたことで底堅い展開であった。中国の経済指標も概ね予想の範囲内。
手掛かり材料難という色彩が濃く、1日あたりの指数の変動幅も大きく縮小。
原油価格が80ドルを突破したが、これは好材料でもあり悪材料にも受け止められる。
資源関連企業には好材料であるが、部材企業には原材料価格の上昇にもつながり、
企業にはコスト増という結果になる。

■■■■■■■■■■■■

さてさて、、、、、、今週は、、、、、、、。
国内企業の決算が本格化する。回復基調を示す結果になる可能性はあるが、株価に織り
込まれていると考えられる。通期の上方修正や将来のシナリオに説明がつくかどうかが
大きなポイントでしょう。日本企業の業績は世界景気回復と国内政策への依存度が高い。


その意味でも、新政権の政策など政治的な部分も大きく影響を及ぼす。国会も開催される。その政権は難問山積。マニフェストという公約に縛られ、現実路線への修正が出来ない。
「数の論理」で法案は可決されるでしょうが、民主党への「真の期待値」は下がりますね。
臨時国会での鳩山首相の所信表明演説や発言・民主党の対応には注目しています。

日本株式市場は、為替市場とNY株式市場の影響をより一層受けやすい状況でしょう。
米国株式市場の注目点はミクロからマクロへ移る。重要な経済指標は目白押し。

留意すべきは下記の点です。
・「ドル、原油価格市場の動向には注視すべきでしょう」
・「様子見」決めたら徹底した方がBETTER!無理はしない、利益確定と自分の担保状況を
しっかり守ることでしょう。
■■■■■■■■■■■■

現物市場において(23日現在)
5MA(10291.38円)、25MA(10126.84円)、75MA(10122.39円)、200MA(9207.04円)。
基準線(10097.83円)、転換線(10190.20円)。
ボリンジャー・+2σ(10601.90円)。
ボリンジャー・+1σ(10364.37円)。
ボリンジャー・-1σ(9889.31円)。
ボリンジャー・-2σ(9651.78円)。
■■■■■■■■■■■■

【上値について】
10380円
■■■■■■■■■■■■

【下値について】
9900円
■■■■■■■■■■■■

【相場予想レンジ】
10100円から10300円(先物)、あるいは9900円から10200円。
国内要因で上昇するには限界がある、、、、NY市場の影響をより一層受けやすいと考えて
おくべきでしょう。

■■■■■■■■■■■■

【雑感】
自分の担保状況とリスク許容度を
考え、時間と価格の分散を図ることが重要。機を見て最善の尽くすのが肝要。
■■■■■■■■■■■■

【投資を行う際のポイント】
「米ドル」の方向性が注目されるでしょう。ここ数日のドル高が「巻き戻し」なのか
どうか、、、日米欧の財政赤字拡大は拡大の一途。
主要国の通貨は厳しいが、新興国・資源国も自国通貨高をどこまで容認できるか
注目しておきたい。

米国経済にとって比重に重要なセクターである労働市場と消費という問題は残したまま。
これが最も厄介で解決のためには多くの時間を要する。米国の労働市場と消費動向は楽観
出来る状況ではない。財政政策によって、経済・景気を浮揚させているに過ぎない現状。
経済政策の継続性は重要であるが、財政赤字という大きな問題とのバランスを考えれば
難しい局面に突入しつつある。


再び、東欧、、、ラトビア問題が懸念され始めている。欧州中心に大きな影響を与えると
思いますが、リスクマネーに変化が起きる可能性もあるため、頭の片隅に置いておくべき
でしょう。


依然として世界景気の動向に影響を受けやすい日本企業。日本の将来のためには、
成長市場への政策と内需再構築が必要となる。これは「政治」の出番です。
自民党から民主党という政権交代で「ドタバタ」している現状は、もう少し見守る必要が
ありますが、最近の動きを見ると「???」という感が強い。


ENTRYするかどうか、投資枚数、利益確定、ロスカットをしっかり決めておくことが重要。
保証金状況を把握しておくことが大切です。

相場状況は刻一刻と変化しています、、、慎重に、繊細に、大胆に、、、、。
常に、相場には謙虚に、楽観も悲観もなく!

■■■■■■■■■
今週の投資行動・相場に対するコメントにつきましては、
担保状況、リスク許容度、求めている利益に個人差があるため、
投資行動を行うかどうか、ロスカット・利益確定のタイミングや値幅は、
自己責任の原則で読者の皆様ご自身のご判断で決定してください。
■■■■■■■■■
それでは、今週も頑張りましょう!
■■■■■■■■■■■■

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop