FC2ブログ

日経225先物・オプション 予想と実況中継

相場の格闘技 日経225先物・オプショントレードを元敏腕証券マンが実況中継。日経225先物・日経225mini(ミニ)・オプション・為替相場を裁量トレードで勝利のゴングを鳴らす!

今週の展望(12月13日)

今週の展望(12月13日)

■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■
今週の主要な経済指標等

14日(月)
日銀短観
10月ユーロ圏鉱工業生産
サマーズ米国家経済会議委員長 講演(ニューヨーク)
ドバイ・ナキール債償還期限

15日(火) 
12月ZEW景況感指数
11月米生産者物価指数
12月米NY連銀製造業景気指数
11月米鉱工業生産
米国企業決算:アドビ・システムズ、ベストバイ


16日(水)
12月ユーロ圏製造業・非製造業PMI速報値
11月ユーロ圏消費者物価指数・改定値
11月米住宅着工件数
7-9月期米経常収支
11月米消費者物価指数
米FOMC(政策金利・声明発表)

17日(木)
米新規失業保険申請件数
11月米景気先行指数
米国企業決算:オラクル、フェデックス

18日(金)
11月全国百貨店売上高
日銀金融政策決定会合(政策金利発表)
白川日銀総裁会見
11月独生産者物価指数
12月独IFO企業景況感
ユーロ圏経常収支・貿易収支
■■■■■■■■■■■■

先週は、、、、、、。
米国雇用統計で非農業部門雇用者数の大幅な改善が好感されたドル円の上昇がシカゴ
先物価格に反映し、週初めの月曜日に日経平均株価は10200円に絡む場面もあったが、
その後の欧米株式市場の調整を受けドル円の上値は重くなり、再び1万円割れの展開。
週末のSQを控え様子見ムードということもあったかもしれないが、、、、。
週後半には米国経済指標の堅調さが米国株式市場に反映し、更に中国の経済指標が
中国経済の強さを示す形となり、日経平均株価は10100円を回復して取引終了。
日本経済の脆弱さと日本政治の迷走ぶりに日本株式相場は自律的な強さを発揮できない。
相変わらず、海外市場の強い経済指標に依存した展開であった。

■■■■■■■■■■■■

さてさて、、、、、、今週は、、、、、、、。
日銀短観、FOMCと重要な経済指標が目白押し。
1万円を値固めするには絶好の機会だと思いますが、、、、。
日銀短観には事前予想から大きく乖離しなければ波乱はないでしょう。
これはFOMCについても同様に考えています。むしろ、その後の会見・声明内容が注目
されます。これは短期的な意味合いだけでなく、来年の前半戦を占う意味で非常に重要
かつ意義深いものではないかと考えています。


今後、注目すべきは、、、ここからは読者限定。
??????????????????????????????
?????????????????????????????
??????????????????????
?????????????????????????????
???????????????????????????
??????????????????????
?????????????????????????

FOMCでの声明には注目。FRBの低金利政策がどう変化するのか、、、商品市場も
下落基調を強め、ドルキャリー取引に変化が起こる兆しも見え隠れし始めている。
米国経済が堅調になればなるほど流動性相場であった米国株式市場に資金の動きに
変化が起こり、現状の米国株式市場にはマイナス。しかしながら、本来の株式相場には
強い材料となる。ここの転換がスムーズに移行できるかどうか、、、。
これは短期的にも中期的にも注目しておくべきでしょう。


14日にはドバイ・ナキール債(35億ドル)の償還期限を迎えます。債務不履行が
回避できるかどうかが焦点。結果次第では、信用リスク懸念が再浮上する可能性も、、、。


外国人投資家は本格的なクリスマス休暇に突入、、、、出来高の減少が予想されます。
徐々に市場参加者の不在が意識される局面が散見されるのではないかと考えています。
同時に、些細な事でも株価が敏感に反応する局面では、想定以上の値幅が示現される
可能性もあると考えておいた方がBETTERでしょう。

留意すべきは下記の点です。
・「ドル・米国金利・円、原油価格市場の動向には注視すべきでしょう」
・「様子見」決めたら徹底した方がBETTER!無理はしない、利益確定と自分の担保
状況をしっかり守ることでしょう。
■■■■■■■■■■■■

現物市場において(11日現在)、
5MA(10056.70円)、25MA(9731.16円)、75MA(10043.26円)、200MA(9473.14円)。
基準線(9640.49円)、転換線(9718.89円)。
ボリンジャー・+2σ(10280.69円)。
ボリンジャー・+1σ(10005.92円)。
ボリンジャー・-1σ(9456.40円)。
ボリンジャー・-2σ(9181.63円)。

■■■■■■■■■■■■

【上値について】
10250円、10400円、10550円。
■■■■■■■■■■■■

【下値について】
9900円、9800円、9750円、9500円。
■■■■■■■■■■■■

【相場予想レンジ】
9900円から10250円(先物)、あるいは9750円から10100円。
日替わりメニュー的色彩が濃い相場展開、、、そして、想定以上の値幅が示現される可能性が
高いことも頭の片隅に!

■■■■■■■■■■■■

【雑感】
自分の担保状況とリスク許容度を考え、時間と価格の分散を図ることが重要。
機を見て最善の尽くすのが肝要

現状の相場には過度の悲観も持たず、、、、そして、期待感も込めず。
■■■■■■■■■■■■

【投資を行う際のポイント】
金融政策に変化の兆し(ドル金利上昇)が明確になれば、市場(株式、債券、為替、商品)に
大きな影響を与えるでしょう。ドルキャリー取引の巻き戻しが起こり、資金の流れに
変化が起こるでしょう。
一時的にせよ、現状の市場に撹乱要因になることには注意しておいた方がBETTER。
世界経済全体にとって米国経済の回復が顕著になることは歓迎されるべきことであり、
本来の株式投資に回帰する局面を迎えることになります。


米国経済にとって比重の大きい重要なセクターである労働市場と消費という問題は
残したまま。今後とも、それらの動向には注視すべきでしょう。

ドバイ問題という新たな懸念が早期に払拭されるかどうか、、、。
更に、他国へ飛び火するかどうか、、、、それが東欧なのか、アジア市場なのか。
ラトビア問題も燻っている、、、。欧州中心に大きな影響を与えると思いますが、
リスクマネーに変化が起きる可能性もあるため、頭の片隅に置いておくべきでしょう。

依然として世界景気の動向に影響を受けやすい日本企業。日本の将来のためには、
成長市場への政策と内需再構築が必要となる。これは「政治」の出番です。
円高対応も含めて、経済・外交に対する明確な指針を明示しなければならない時期。
政府が日銀と一体となって「苦しい日本経済」に対応する姿勢は評価できるが、施策を
早急に提示するべきでしょう。今は、政府の対応を見守るしかないが、、、。

何度か指摘しましたが、下記の点に留意しなければならないでしょう。
「 デフレ 」がもたらす意味、、、。
「 ドル 」、「 円 」がどういう意味で上昇したり下落したりしているか。
それを十分に吟味し考慮しなければならない。

ENTRYするかどうか、投資枚数、利益確定、ロスカットをしっかり決めておくことが重要。
保証金状況を把握しておくことが大切です。

相場状況は刻一刻と変化しています、、、慎重に、繊細に、大胆に、、、、。
常に、相場には謙虚に、楽観も悲観もなく!

■■■■■■■■■
今週の投資行動・相場に対するコメントにつきましては、
担保状況、リスク許容度、求めている利益に個人差があるため、
投資行動を行うかどうか、ロスカット・利益確定のタイミングや値幅は、
自己責任の原則で読者の皆様ご自身のご判断で決定してください。
■■■■■■■■■
それでは、今週も頑張りましょう!
■■■■■■■■■■■■

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop