FC2ブログ

日経225先物・オプション 予想と実況中継

相場の格闘技 日経225先物・オプショントレードを元敏腕証券マンが実況中継。日経225先物・日経225mini(ミニ)・オプション・為替相場を裁量トレードで勝利のゴングを鳴らす!

今週の展望(6月29日)

今週の展望(6月29日)

■今週の主要経済指標
7月1日 日銀短観・6月概要及び要旨
7月1日 6月米ISM製造業景況指数
7月2日 5月米製造業新規受注
7月3日 ECB理事会
7月3日 6月米雇用統計
7月3日 米週間新規失業保険申請件数
7月3日 6月米ISM非製造業景況指数
7月4日 5月景気動向指数・速報

他にもまだたくさんありますが、このあたりを注目しています。
7月1日は香港市場,7月4日は米国市場が休場。

価格として意識されるポイントは、13820円、13●●●円、13●●●円、13●●●円、
13●●●円、13●●●円、13●●●円、13●●●円

相場の予想レンジ:13●●●円から14000円(先物)、もしくは、1●●●●円から
1●●●●円(先物)。13●●●●●●●●日々の相場に臨むのがBESTかな。

大雑把ではありますが、投資行動は下記とおり。
13●●●円●●は先物新規●●●●●.。
13●●●円●●は先物新規●●●●●。
●●●●●●●●●●●●は、デイトレード・様子見に徹します。
●●●●状況は変わると●●●●●、臨機応変に対応したいと考えています。

日々の取引のリアルタイム売買情報は、日経225先物・オプションメルマガ 「相場の格闘技」で公開中です。




現物市場から考えると、3月17日の年初来安値11691円と6月6日の年初来高値14601円の半値押しにあたる13146円が、下値として意識される。
引続き、来週も調整色の強い展開ですが、日経平均●●●●●●●●覚悟しなければならない
場面も考えられます。

経済指標は意識されると思いますが、米国相場は、●●●●●問題だと考えています。
数値によって上下に振らされると思いますが、●●●●が落ち着くかどうか。

米国金融機関の信用不安再燃を鎮静化出来るか、
原油価格、為替動向、ユーロ市場金利は?USAを代表するGMは?

●●●●●●●●●が崩れた日本株式相場。●●●の展開は如何に?
今週、●●●●示せれるかどうか。
●●●●●のリスク許容度は?●●●●●●●●●状況は?●●●発生は?
日銀短観は???●●●●●●●かな。。。●●すると考えていますから。。。
景気・経済状態を浮揚させる政策は、●●●●●●●●●。

株式・為替相場の動きに注視し、●●●●●●●しながら日々の相場に
臨むべき時であると考えています。

『日本株はNY離れをして日経平均は15000円を目指す動き』などと見解を示していた市場関係者、、、見識を疑いたくなるな。
こういう方々は外国人買いを日々、一番気にしている。NY離れとか云いながら。。。
母国市場がさえないのに、米国投資家が日本株を買いに走るのだろうか。自分の資産を自分の母国市場の比率を引き下げて日本株を買うのだろうか。

様々な見解があるから相場は成立する。そして、儲かるチャンスが増える。
相場は、実体経済・投資家心理の鏡ですから。


下記の考えは、ブログに何度も書いてきたことです。
そして、常に心掛けていても忘れてしまいがちになる考えです。

難しい相場が続いた今月において、
この考えが大きく活かされ、今月も大きな利益をもたらしてくれました。


『投資する枚数、ポジション、、考慮して投資行動を起こす時です。
皆が安心した時に、悪魔は突然、襲って来ますから、、、
杞憂で終わる思いますが、、、ただ、心の準備というか、、、
リスクに対する備えというか、、、』

『相場上昇過程では悪材料などは隅に追いやられるが、相場が下落し始めると
日経平均のPER論が浮上するなど、、、この逆もあり得る。
市場心理は突然、豹変しますから。。。要注意!』


勝ちに驕らず、相場には謙虚に!今週も頑張りましょう。



ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
たくさんの方にクリックをして頂き恐縮です。
皆様方の投資の一助になれば嬉しい限りです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 日経225先物

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop